8時だョ!全員集合伝説書 題:8時だョ!全員集合 伝説
副 題:
著 者:居作昌果
出版社:双葉社
発行年:1999/9/30
テレビ史上に残る怪物バラエティ『8時だョ!全員集合』。
だがその枠は、フジテレビ『コント55号 世界は笑う』の大好調により、
1ケタ視聴率に喘ぐ閑古鳥の量産地であった。
TBS土曜20時台の威勢を回復すべく、同じく閑古鳥の住処だった
土曜19時半を『お笑い頭の体操』で陽の当たる枠にした著者が任された。

この本では、著者の簡単な略歴も述べられてはいるものの、
それらは付け足しのようなもので、ほとんどがそれから、
『全員集合』 との格闘の日々が綴られていく。
それは、決して大袈裟でない、格闘の日々であったろう。
居作にとっても、ドリフターズにとっても。

いかりや長介という人物が、どれだけこの番組に懸けていたのかを始め、
『全員集合』制作の日々で起きた、舞台上の事、打ち合わせ、リハーサルでの事、
様々な出来事が次から次へと語られていく。
勿論、荒井注脱退の時の話や、一部メンバーの不祥事による一時離脱など、
本当に存続に関わるような事態も語られている。
『全員集合』 という番組を知るにはこれしか無い一冊である。


★★★★★ 独自採点 ★★★★★


資料性:6
  きちんと時系列に話をされており、資料的な裏付けも有りそう。

面白さ:7
  あれだけの番組の舞台裏がこれだけ覗けるのだから、そりゃ面白いだろう。

必携度:4
  全員集合ファンなら必須。

入手難度:3
  さすが本も売れたらしく、古書店ではよく見かける。