生きているヒーローたち書 題:生きているヒーローたち
副 題:東映TVの30年
著 者:
出版社:講談社
発行年:1989/12/16
ほぼ新書版サイズ200ページほどの小柄な外見に、
初めて書店で見た時には、いささか舐めた視点だった事を覚えている。
ところが中を見てみるや、意外な驚きを得た。無論、良い意味で。
こうした出会いが有るから、本好きには書店という存在が欠かせない。
アマゾンでも一部「立ち読み」と称する機能が有るけれども、
それはあくまでも冒頭の数ページに限られている。

内容は、NET(現テレビ朝日)の経営に関わった関係で、
既存映画会社の中では最もテレビと密接に存在してきたと言える、
東映のテレビ部門が制作してきたテレビ番組を、ほぼ全て紹介したものである。
本当に草創期の作品や、無名作品など、ここでしか解説が無い様なものも多い。
写真もそれなりに掲載されているし、巻頭にはカラーページも有る。
巻末にはリスト形式で、キー局、放送期間、主な出演者等を整理してある。

重量級とも言える内容にそぐわぬお手軽な価格・形態は、
子供の頃に東映の番組を見た、より多くの人間に見て欲しいという事だったのだろう。
だから、データや解説はどれも、マニアックな人間からすれば物足りないとも言える。
また、扱い漏らした作品も有るようだし、一部で誤った記述も有る様である。
しかし、この扱いやすい形態と、それに見合わぬ情報量は、
軽い情報が欲しい場合には非常に重宝するので、文字通り手元に置きたい一冊だ。


★★★★★ 独自採点 ★★★★★


資料性:8
  東映(東京・京都)で制作した、ほぼ全ての番組が網羅されている。

面白さ:6
  一つ一つの記述は少ないが、番組数がなにしろ多い。

必携度:8
  文字通り手元に置いておける。

入手難度:6
  気長にヤフオクで見つければ、定価以下での入手も可能。