シャボン玉ホリデー書 題:シャボン玉ホリデー
副 題:スターダストを、もう一度
著 者:五歩一勇(ごぶいち・いさむ)
出版社:日本テレビ放送網
発行年:1995/2/16
著者は、日本テレビ制作として『紅白歌のベストテン』
『カックラキン大放送』『今夜は最高』等を作った人物。
その彼が、先輩である秋本近史や齋藤太朗らの名作である
この番組に関する物凄い本を世に出した。

およそ日本テレビ関係者という地位から得られたであろう、
あまりに周到な人物・コメントの数々は壮観である。
当時まだ存命中だった数々の番組関係者たち
(肝心要のプロデューサー・秋本近史は既に亡かった)が、
 非常に当を得た視点での疑問に、これまた当を得た返しが続く。

順不同で取り留めなく、次から次へと様々な話題が繰り広げられ、
しかしそれでいてまったく退屈しないのは、
偏にこの番組の魅力に裏打ちされてはいようが、
加えて、筆者の着眼点の確かさ、広げ方の巧さが有る。
こうした話の数々だけで「御馳走様!」という感じなのに、
巻末には詳細な放送リストまで付いているのだ。
流石、鯛焼きの尻尾まで餡子を入れたいという
コイシツのギニョの番組を扱うだけの資格は充分だ(笑)。


★★★★★ 独自採点 ★★★★★


資料性:9
とにかく巻末のリストが貴重すぎる

面白さ:9
番組が好きな者なら一気に読破してしまうだろう

必携度:6
一番組の書とはいえ資料価値は大きい

入手難度:3
  けっこう売れたとみえて中古流通数は多い